DVK521のCTP用FFCコネクタについて

ホーム フォーラム一覧 Cubieboard DVK521のCTP用FFCコネクタについて

タグ: 

This topic contains 3件の返信, has 2件の返信, and was last updated by  南極熊 4 年前.

4件の投稿を表示中 - 1件目から 4件目 (全4件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #763

    南極熊
    参加者

    また若葉マークな質問をさせてください。

    我が家にはHDMI入力の付いたTVが1台しかなく、HDMI出力でCubieboard2を使いたくても昔のチャンネル争いみたいになります。

    で、勢いに任せてLCDタッチパネルとDVK521等のセットを購入しました。

    順調にアセンブルしていたつもりだったのですが、CTP用のFFCコネクタの結線が裏表間違っているように思えて、一旦、外してみることにしました。

    このコネクタは、ケーブルを挿したあと、上から押さえる部品をケーブル側に倒して固定させるので、外すときは当然その反対に持ち上げればいいのですが、勢い余って裏返してしまい、その部品を外してしまいました…。

    何度となく元の位置に戻してみたのですが、部品のつながっていないといけない箇所が軒並み千切れたみたいで、コネクタごと交換するしかなさそうです。

    ついては、このコネクタのメーカーと型番を教えていただけないでしょうか。
    また、入手できない場合に代替品(手段?)を使うことになりますが、型番等でネットで検索しても詳細が判らないときのために、FFC側、基板側の仕様が判るとなお助かります。

    以上、お手数ですが、よろしくお願いします。

    #765

    cubie管理人2
    キーマスター

    こんにちは。
    CTPコネクタのメーカ、型番について:
    現在型番、FFC側、基板側の仕様についてDVK521の開発会社に確認しています。
    少々お待ちください。
    確かにこの製品は中国で生産しておりますので、部品が入手が難しい可能性があります。
    お急ぎの場合、ボードを持って秋葉原などの電子工作の店で
    聞いていただければ、同じ形のコネクタがあるかもしれません。

    それに、SMT部品のはんだ付け作業は経験がないと難しいかもしれませんので、
    十分ご注意ください。

    #766

    南極熊
    参加者

    cubie管理人2様

    本件も早々のご回答、ありがとうございます。

    型番、仕様については開発会社様の回答をお待ちしております。

    また、急ぎではありませんが、コネクタの交換、代替手段を採るにしてもコネクタを外すところから始めることには変わりないと思います。
    ボードごと持ち歩くには少々サイズが大きいので…。

    ただ、半田ごてを持つのは25年ぶりくらいのはずなので、他に半田付けの必要なキットでも購入して練習がてらに組んでみます。

    幸い、壊したCTPコネクタの周囲にはソケット程度しかないうえに、比較的広いスペースがあります。
    なので、先のキットが正しく動作したら(自信過剰になったら?)ボード自体に過剰な熱を加えないように、コネクタを(既に壊れていますが)壊さないように外すことからやってみます。

    電子工作のお店で聞く、半田付け作業が難しい等、アドバイスまでいただきありがとうございました。

    と、ここまで書いておいて何ですが、DVK521のプリントパターンを見ると、CTPコネクタの先にI2Cコネクタが繋がっているように見えたので、今、軽くI2Cについて調べてみました。

    なんか初期の同軸ケーブルを用いたEthernetのような作りになっていて、信号のコリジョンもコントローラが検出するようです。

    ということは、CTPコネクタが最悪修理できなくても、その先のI2Cコネクタから横入りするような形で信号のやりとりはできるかも知れないですね。

    少し、CTPコネクタ修理作戦と、I2C横入り作戦(DVK521の結線仕様を見る必要はありますが)の2つの線で追いかけてみます。

    なんか推理物みたいになってきました(笑)

    以上、情報のご提供、あらためてありがとうございました。

    #816

    南極熊
    参加者

    前回からかなり間が開いてしまいました。

    とりあえずボードごと持ち歩くのは大げさでかさ張るので、表面実装のCTP(I2C)コネクタの取り外しから始めました。

    まず結線用のピンを接続しているハンダを活かし、ハンダ吸い取り線を使って除去し、続いてコネクタを基板に付けているハンダを同じように外そうとしたのですが、面積が広くて熱容量があり、かなり難儀しました。

    しかも信号ピンのハンダ吸い取りが1本不充分だったようで、コネクタ本体とー諸にパターンをー部剥がしてしまい…たまたま手元にあった裏に糊の付いた銅箔テープを使って応急処置しました。

    苦労して外した=熱を加え過ぎたので、コネクタは原型を辛うじてとどめている程度、なのでFFC側で1mmピッチ、4端子を確認しました。

    で、いろいろWebサイトで検索かけてから、反対側のコネクタと同じものも対象に広げ、それらしいFFCコネクタを数種類取り寄せ、一番実装しやすそうなのを選んで付けてみました。

    結果としては、LCDパネル側のコネクタの端子と、DVK521に引き出されたCubie2の拡張端子の対応するピンと導通・絶縁テストまで通しました。

    ちなみに使用したのは、TE Connectivity社の84952-4という製品です。

    今は、Cubian DesktopにCTPを認識させるのに難儀しています。

4件の投稿を表示中 - 1件目から 4件目 (全4件中)

このトピックに返信するにはログインしてください。